あいナビ

ひとみ最適化 総合サイト

視力2.0からまさかの老眼鏡。老眼は必ずやってくる。


視力には自身があったのに、まさか老眼鏡を使うとは。

視力2.0でも老眼になる怖さ。取り敢えず我慢するか、、

40代前半の会社員です。田舎育ちで野山をかけまわって遊んでいましたので、子供の頃から視力は良い方でした。視力検査ではいつも2.0だったので、周りからも羨まれる存在で、自分でも自慢できる身体能力を持っていると思っていました。

ところが、アラフォー世代になると遠くは見えるけど、近くが見えないという現象が起きたのです。最初は目が疲れているのかなと思っていましたが、暗いところが見えづらかったり、近くの文字がぼんやりし始めたのです。毎日の通勤電車ではスマホの文字がぼんやりするからスマホを少し離して見ています。先日もクレジットカードのサインを求めらて記入場所がよくわからず探してしまいました。

なんとなく老眼であることは理解していましたが、自分が老眼になったという老いを感じるのが嫌でずっと見えなくても我慢をしていたのです。

オシャレな老眼鏡に一目惚れ。一昔前の老眼鏡とは全然違います。

先日、自宅近くのモールに寄った時に眼鏡屋さんへフラフラと入り、置いてあったオシャレな老眼鏡を手にしたのですが、近くの文字がはっきりと見えたことに驚きを覚えました。やはり自分は老眼なんだとここで初めて自覚をしたのです。

結局、その場では老眼鏡を買わず、自宅に帰って老眼の症状や予防策を徹底的にリサーチしました。老眼対策に良いものとして、老眼鏡やコンタクトレンズによる矯正、レーシックなどの手術、ブルーベリーなどのサプリがあることがわかりました。レーシックはお値段が高いし、ちょっと怖いのでNGかなぁ。そしてコンタクトも異物が目に入るのも嫌なので、選択肢としては老眼鏡とサプリになりました。

最近の老眼鏡はオシャレなものも多く、一見では老眼鏡とはわからないものが増えています。最終的には先日立ち寄ったモールで老眼鏡を購入しました。度数は+1.0で40-45才が対象とのことなので、年齢相応のようです。

おシャレな老眼鏡は生活必需品になるし、もう一つ欲しくなる。

老眼鏡を使い始めて数ヶ月ですが、メガネをかけている姿を知人に見られるのがまだまだ恥ずかしいです。今は通勤電車でスマホをみたり、書類を見る時とか必要な時にだけ老眼鏡を取り出して使っています。常に使っていないので忘れることも多く、必要な時に無くて困ることもあります。そんなに高いものでもないので、オシャレな老眼鏡をもう一つ買おうかなと考えています。

最初は老眼鏡なんてまだ早いし嫌だなぁと思ってましたが、老眼鏡を掛けることで目の疲れや霞がなくなり快適な生活が送れるようになります。老眼は誰もが通る道なので、早めに上手く付き合える相棒(老眼鏡)をみつけるのも一つの解決策であると思います。